食品業界におけるDXへの取り組み (HACCP対応を契機に) Part 2

こんにちは。株式会社イノベーティブ・ソリューションズ(以下、ISOL)の李涵琳(リ・カンリン)です。私は中国、遼寧省丹東市出身です。学生時代に北海道大学の水産学部で食品科学を学び、食品衛生学や食品保蔵学などの授業を受けながら、干物におけるヒスタミン産生菌の汚染状況調査・水産物における過酢酸処理の抗菌効果の研究に取り組みました。
学生時代にマグロの加工過程ラインを見学した際、人が口にするまでの工程に驚いたのを覚えています。また、万が一食中毒問題が生じた際に、一連の全製品を廃棄する必要性などを考えると、商品が原材料から最終製品になるまでの製造プロセスを可視化して管理することの重要性を認識しました。「食の安全」は食品添加物などの化学方法での担保だけではなく、例えば温度管理や金属検査といったIT技術も必要になります。当時、研究室で干物について実験をする際に湿度センサーを使っており、スマートフォンを繋げてどこでもデータ監視・分析ができるようになっていました。その時からIT技術に魅力を感じるようになり、また、ISOLの国際的な雰囲気が合うと感じて2019年に入社しました。
学生時代の知識・経験と入社後勉強したIT技術を食品業界で生かしたい、ソリューションを作りたいと思っていたところで、2021年6月にHACCPが完全義務化されました。
調べていると、HACCP導入における文書化の課題、管理基準(Critical Limit:CL)のモニタリングにおける課題が発生していることが分かりました。今回ご紹介するHACCPソリューションで、安心安全で且つ効率的により良い商品を市場に提供するためのご支援をしたいと考えております。

目次
HACCPソリューション
・iGrafx Flowcharter (BPMN2.0→プロセス図作成の国際規格)
・iGrafx Platform+IoT
目標
まとめ

Part 1では、HACCPとは何か、HACCP義務化における課題についてお話ししました。
今回は弊社のHACCPソリューションがiGrafxを用いて出来ることをご紹介します。

弊社の「HACCPソリューション」

iGrafx Flowcharter (BPMN2.0→プロセス図作成の国際規格)

前述した文書化の課題対策として、弊社ではBPM(ビジネスプロセスマネージメント)ツールであるiGrafx Flowcharterの活用を推奨しています。同ツールは直感的な描画機能を提供しており、複雑なビジネスプロセスやシステムフロー、ネットワーク図表など短い時間でドキュメント化することができます。国際規格であるBPMN2.0に準拠したツールとなっており、プロセスフローを作成する上で重要な階層・粒度の標準化なども踏襲しつつ整備することで、業務ノウハウの資産化が可能となります。(図1)


(図1)

「HACCPソリューション」として構築した「テンプレート」(図2)
これは弊社がiGrafx Flowchartを使って作成したHACCPソリューションです。弊社では、食品製造工程ごとにフロー化し、食品分類別にモデル化することで、食品製造業者の皆様がHACCP文書化を行う際に活用頂けるテンプレートとして準備いたしました。

(図2)

このようにテンプレートを活用頂くことで、前述したような文書化の課題に陥らず、HACCP義務化への対応を実現することができ、更には本来の目的である継続的にPDCAサイクルへの取り組みの基盤とすることができると考えています。

iGrafx Platform + IoT

iGrafx Platformは企業プロセスナレッジである、ビジネスプロセスやその他のドキュメントを統合的に管理し、共有する環境を提供するためのプラットフォームツールで、製造業の継続的なビジネスプロセスマネジメントを強力に支援します。
一方IoT技術により、HACCPのモニタリング対象となる項目をセンサー設置し、自動的に数値を取得させることが可能です。これら二つの技術を融合することで、自動取得した数値をiGrafx Platform上に描かれたプロセスごとに表示することができます。
「HACCPソリューション」ツールで作成した「テンプレート」(図3)

(図3)

iGrafx Platform + IoTを活用することで、“プロセス情報力”を備えることができます。企業戦略や目標といった経営層からのトップダウンアプローチと、ITや人的リソースを含む実業務の状況といったボトムアップをビジネスプラットフォーム上で融合することで経営層と現場のコミュニケーションがよりリアルタイムに近づき、適切な判断をより早いタイミングで行うことが可能となります。

目標

食品製造現場の継続的な改善・改革を必要とする食品製造業界では、中長期的スパンで回るPDCAサイクルよりも、よりリアルタイム性が高いOODAサイクルでの活動が重要です。フードチェーン上における各業務のモニタリングや異常値発見時の対応などには、“プロセス情報力”の構築が必須と言えます。
これは牛乳生産のフードチェーンの例です(図4)。高い品質を確保するため、生産元となる牧場から店舗まで温度センサーを設置し、自動取得したログデータをクラウド上に随時取得します。ここで取得したデータを遠隔監視し、必要な場合には予め通知機能を設定することも可能です。更に、 iGrafx Platform上で特定のセンサーと対象となるアクティビティを確認することが可能で、速やかに対策を講じることが可能となります。


(図4)

このソリューションで以下の効果があります。
● 食品品質管理の徹底:センサーを設置し、遠隔でモニタリング監視・記録
● 管理業務の効率化:冷蔵温度の手作業による記録からシステムによる自動取得
● 有事の迅速な対応:異常値があった際はアラートを発信、対象アクティビティの把握で迅速な対応を実現

まとめ

誰でも、素早く、簡単にHACCP認証取得

iGrafx Flowcharterの活用で、誰でも素早くプロセスを描写し、規定された書類を作成することが可能となります。
更に弊社が提供するHACCPソリューションは予めHACCP認証を得るための各種書類のテンプレートや、食品の製造工程などのプロセステンプレートなどが含まれておりますので、購入後すぐに文書の作成及び整備に着手頂けます。
一般的にこれらの整備に1か月ほどかかるとされている工程を、2日から4日に大幅短縮することが可能です。(図5)

HACCPを契機に生産/製造及び関連業務の生産性向上

HACCPのモニタリング対象となる項目にセンサーを設置し、数値を対象プロセスと共にリアルタイムで監視できることで経営者も従業員も企業情報の一部として全体で把握することが可能となります。また継続的にOODAサイクルを回す上でのプラットフォームとして、「iGrafx Platform」が大きな価値をご提供いたします。(図5)

最適化されたプロセスの維持・監視・継続性担保

最後に作成したプロセスの更なる効率化を図る上で、IoT技術などを活用した業務の自動化やそれによる品質の維持向上に繋げることが可能です。
プロセス上で見えてくるリスクに対する監視ポイントに対して適切な技術を導入し、上がってくる情報をプロセスフロー上に表示する。これにより常に製造現場のモニタリングが可能となり、素早いアクションにつなげることが可能となります。(図5)
弊社は、食品業界において法令化されるHACCP認証を契機に、OODAを実行し、安心安全で且つ効率的により良い商品を市場に提供するためのご支援をしたいと考えております。

(図5)

お問合せ
株式会社イノベーティブ・ソリューションズ
info@innovative-solutions.co.jp