業務の可視化

【業務フローの書き方】作業図形の粒度を揃える為の2つの軸業務の可視化

【業務フローの書き方】作業図形の粒度を揃える為の2つの軸

業務フローを書くことに慣れていない方は、作業図形の使い方に迷ったり、なんとなく配置したりしているのではないでしょうか。しかし、しっかりとした方針を持たずに業務フローの作成をしてしまうと、作成する人によってすごく粒度の粗い(図形が少ない)業務フローになってしまったり、逆に粒度が細かすぎる(図形が多すぎる)業務フローになってしまいます。今回は、一般的な業務フローにおける作業図形の粒度の揃え方について解説します。

【技術伝承を失敗させない】設計開発部門の知的資産の可視化と蓄積のポイント【特集】設計開発カイゼン

【Q&Aで学ぶ】熟練者の技術伝承を成功させるポイント(製造業/設計開発部門)

これまで技術伝承に向けて様々な取り組み、チャレンジが行われてきたわけですが、技術伝承のアプローチは同じでも、うまく成功させた企業もいれば、失敗してしまった企業もでてきています。そこ明暗を分けたポイントはどのあたりにあるのか解説して頂きました。

【フローの種類はいくつある?】6種類のフローチャートの特徴とサンプル雛形/サンプル

【フローの種類はいくつある?】6種類のフローチャートの特徴とサンプル

フローチャートをはじめて書くという方で、このような悩みや疑問を持っていらっしゃる方は少なくないかと思います。フローチャートには目的・用途に応じて様々な作図方式・様式が存在します。今回は、代表的な6種類のフローチャートについて、それぞれの特徴およびフローサンプルをご紹介します。

【1】JISC(日本工業標準調査会)のホームページにアクセス業務の可視化

【フローチャートの規格】日本工業規格(JIS)について調べてみよう

情報処理を表わす流れ図で、 JIS(X 0121)で定められたものがあり、各工程を示すパーツは 『情報処理用流れ図・プログラム網図・システム資源図記号 JIS X 0121 – 1986』で規格化されていて、形や流れる方向などが統一化されています。その制定は1970年4月1日、最新改正年月日は1986年2月1日と古くからあるものです。今回はこのJIS規格については無料で確認する方法を解説していきたいと思います。

【技術伝承を失敗させない】設計開発部門の知的資産の可視化と蓄積のポイント【特集】設計開発カイゼン

【技術伝承を失敗させない】設計開発部門の知的資産の可視化と蓄積のポイント

2007年問題が騒がれてから、熟練技術者の再雇用などによる労働人口の減少への対策は打たれておりますが、熟練ノウハウの継承が進まないまま10年以上が経過しています。課題と認識しながらも技術伝承が進まないのはなぜか?そしてその解決方法とは?本記事では、設計開発部門の知的資産の可視化と蓄積のポイントを解説して参ります。

【フローチャートの書き方を学ぼう】気になるセミナー/研修5選(2018年5月版)セミナー/研修情報

【フローチャートの書き方を学ぼう】気になるセミナー/研修5選(2018年5月版)

「業務改善」「仕事効率化」「働き方改革」「RPA」といった様々な目的を達成するためには、現状の業務を可視化、つまり業務フローとして書き起こす必要があります。では、業務フローはどのようにして書いていけばいいのでしょうか。今回はそんな悩みに応えてくれる業務フロー、フローチャートの書き方を学べるセミナー・研修をご紹介します。

フローチャート

【属人的な業務を減らそう】業務や作業の見える化はフローチャート形式で

【”あの人”しかできない】このような属人的な業務を見かけませんか?属人的な業務の存在は、円滑に進んでいた業務が突然ストップする原因となります。また、大きなアクシデントが発生した時には企業としての大きなリスクとなります。そんな属人的な業務もしっかりと見える化することで解消することができます。今回はこの属人的な業務の解消方法をご紹介していきます。