前回までに業務改善の「ハード」と「ソフト」もついてお話をしてきました。本シリーズの特集1においては、タイトルが意味するように「現場が主体的に…」という“主体性”が業務改善を円滑に進めるためのキーワードです。