第6回 高度化する物流サービスのへの対策
現場力を上げるとはどういうことか

第4次産業革命と物流

先日、某大手システムベンダーの方からこんな相談が持ち掛けられました。

「労働集約的な物流センターにもIoTを導入すると業務が効率化したりすると思うのだけど、ROIは出そう?」

全く個人的な見解なのですが、この相談の趣旨を因数分解すると以下のようなことになります。

まず、「物流センターにIoTを導入」ですが、

一般的に倉庫内に保管されている商品はJANコード等のバーコードが付与され、SKUレベルで管理されています。また、これらの商品は時にはケース単位、またはパレット単位など、移動や保管用途に沿った単位でまとめられることがあります。倉庫内には更に大勢の作業員がフォークリフトやRF端末などの機器を活用して、商品などに対する各種作業や作業間の移動などが行われます。

これら倉庫内の業務に関連するあらゆる「物」をインターネットにつなげることを指して「IoT(Internet on Things)を導入」と相談者は表現されているのだと思われます。

次に、「IoTを導入すると業務が効率化したりする」ですが、

「物」をインターネットにつなげることによって業務上の何かが効率化するのではないかという仮説を持たれているのだと推測しています。

「物をインターネットにつなげることにより、何がどのように動いたか、どこにあるのか、どのような処理が誰によって行われたかなどの情報を取得したり分析したりすることにより、「業務が効率化する」という風に考えることは自然であるように思えます。

最後に、「ROI(Return On Investment)は出そう?」については、少し意地悪な見方かもしれませんが、質問が目的化しているように感じ違和感を覚えます。つまり「IoTという取り組みをしたい(させたい)」、「IoTに投資をして投資対効果が出るものがあればやりたい(やらせたい)」という売り方の都合が見え隠れします。

物流現場は課題だらけですので、IoTで解決できる課題も多いと推測されますが、会話の主人公であるべき「課題」が特定化されていない中で、取り組み方法や手段だけが先行していては、ROIの推測も危ういものとなります。

そのような理由で、上記の相談事に対する私の即答は、「具体的に話しましょう・・・」でした。

 

倉庫の仕事は10年後にはなくなるか?

少し前になりますが、2013年にオックスフォード大学から発表された論文「雇用の未来‐コンピューター化によって仕事は失われるのか」*1 が衝撃的だと話題になっていました。現在の米国総雇用者の仕事のうち、47%が10年から20年後には機械によって変わられるとの予測が立てられており、倉庫の作業員(入出荷作業の従事者)も高い可能性でコンピューターに取って代わられる存在として上がっています。

では、具体的に倉庫内のどの業務がコンピューターに取って代わられるのでしょうか。業務処理に関する生産性の比較、調達の容易性やコスト対効果など、コンピューター制御されたロボットなどでの処理と人手での処理とを比較検証し、いずれかを選択するのは(当面は)人間です。IoTの導入など、コンピューターを駆使した倉庫を構築する場合であっても、様々な「選択」が迫られる訳ですが、その際にベースとなるものは「業務プロセス」です。

 

業務プロセスフローの作成で現場力を培う

同連載初期に、多くの物流現場には「業務フローが無い」ということを書きました。そのような現場では、ノウハウは属人化されている場合が多く、組織としての蓄積や共有といった仕組みが無いまたは弱い状態にあります。

現場力をつけていくために有効な取り組みが、業務の実態と流れを正確に示した業務プロセスフローの作成です。また以下のような観点を以て取り組みにあたれれば、「作成して終わり」のドキュメントではなく、「プラットフォーム」にもなり得る力のあるドキュメントとなります。

  • 集める:   散らばっているノウハウを集約する
  • 共有する:  関連する人すべての関心を集める
  • 検証する:  問題点や改善の効果を見極める
  • 再利用する: 他の現場や他の業務にも展開する

業務プロセスフローというプラットフォームの構築を推進し関与した人々には、自身が属する組織の業務に対する理解が深まり、その後の改善活動などの担い手になってくることが期待できます。

 

エピローグ

これまで6回にわたって自身の経験を元に、物流現場やプロジェクトの実態や経験を紹介させて頂きました。これまで連載の一つでも読んで頂いた方の中には、「フムフム、同感同感」と思って頂いた方や、「あるあるっ!経験あるっ!」と自身の経験と重なって笑いたいけど笑えないような感情を持って頂いた方もいらっしゃるかと思います。また、「うちの現場はレベルが違う」という方もいらっしゃるかとは思いますし、どのようにアプローチすべきか正に今、悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

欧米とは大きく違った環境下で独自の道を進んできた日本の物流業界ですが、人口減少時代に入り、新たな局面を迎えようとしています。これまでも日本において物流という業務は「暗黒大陸」とも呼ばれ、必ずしも改善の取り組みが効果的に進んでこなかった歴史がありますが、これからどのような変化が起こっていくのか。或いは起こらないのか。

ネット通販の拡大による物流への期待、IoT(インターネット・オブ・シングス)やAI(人工知能)、ロボットの活用なども物流の効率化に寄与する高度なツールとして話題となっています。

私ども株式会社イノベーティブ・ソリューションでは、このような時代だからこそ「現場に立ち返ること」を効果的なアプローチとして考えています。そのアプローチを具現化するためのツールとして「iGrafx Origins」を当社のソリューションの一つとして加えることにしました。これまで培った経験やノウハウをソリューションにして、革新的なアプローチでクライアントの課題を解決していくことが当社のミッションです。

最後は当社の宣伝となってしまいましたが、改めて今回の連載をお読み頂きありがとうございました。今後また新たな展開があった際には、改めてご紹介の機会を準備したいと思います。

【資料ダウンロード】物流業務プロセステンプレートサンプル
本記事の執筆者
株式会社イノベーティブ・ソリューションズ

株式会社イノベーティブ・ソリューションズ

ITコンサルティングとソフトウェアの提供サービス、また、ウルグアイの製品であるジェネクサスという開発ツールを使ったシステム開発を行い、独自のソリューションを作ってユーザーに提供しています。コンサルとITを融合したサービス提供会社です。


木下 雅幸(きのした まさゆき)
株式会社イノベーティブ・ソリューションズ 取締役

【得意分野】
・物流・製造
・サプライチェーンマネジメント