業務の棚卸/分析

【業務可視化の重要性】属人的・ブラックボックス化された業務のリスクと対策業務の可視化

【業務可視化の重要性】属人化・ブラックボックス化された業務のリスクと対策

従業員の数が増えて個々の業務を把握しづらくなると、ブラックボックス化や属人化が起こってしまう可能性があります。そのまま放置しておくことは会社としても大きなリスクとなります。できるだけ早く対処するように心がけましょう。この記事では、ブラックボックス化や属人化がどういうものか紹介し、リスクや解決方法についても詳しく解説します。

フローチャート

【属人的な業務を減らそう】業務や作業の見える化はフローチャート形式で

【”あの人”しかできない】このような属人的な業務を見かけませんか?属人的な業務の存在は、円滑に進んでいた業務が突然ストップする原因となります。また、大きなアクシデントが発生した時には企業としての大きなリスクとなります。そんな属人的な業務もしっかりと見える化することで解消することができます。今回はこの属人的な業務の解消方法をご紹介していきます。

01-業務の調査・業務の棚卸フローチャート

【業務フローを書く前の重要点】業務の調査・棚卸・整理の進め方

業務が複雑化している現場では、普段から課題として認識されている業務以上に、隠れている目立たない業務にこそ問題や改善点が潜んでいることが良くあります。こういった業務を見落としたまま業務プロセスの可視化を進めても、なかなか全体の最適化に至ることはできません。