【フローチャートの規格】日本工業規格(JIS)について調べてみよう

【フローチャートの規格】日本工業規格(JIS)について調べてみよう

情報処理を表わす流れ図で、 JIS(X 0121)で定められたものがあり、各工程を示すパーツは 『情報処理用流れ図・プログラム網図・システム資源図記号 JIS X 0121 – 1986』で規格化されていて、形や流れる方向などが統一化されています。

その制定は1970年4月1日、最新改正年月日は1986年2月1日と古くからあるものです。今回はこのJIS規格については無料で確認する方法を解説していきたいと思います。

 

【1】JISC(日本工業標準調査会)のホームページにアクセス

【1】JISC(日本工業標準調査会)のホームページにアクセス

【1】JISC(日本工業標準調査会)のホームページにアクセス

JISC(日本工業標準調査会)のホームページにアクセスします。

 

【2】データベース検索メニューの「JIS検索」を選択

【2】データベース検索メニューの「JIS検索」を選択

右のサイドエリアのデータベース検索にある「JIS検索」を選択します。

 

【3】JIS検索の入力欄に「X0121」と入力

【3】JIS検索の入力欄に「X0121」と入力

【3】JIS検索の入力欄に「X0121」と入力

画面中央部分に入力フォームがありますので「X0121」と入力し、「一覧表示」のボタンを選択します。

 

【4】JISリスト表示された規格番号を選択

【4】JISリスト表示された規格番号を選択

【4】JISリスト表示された規格番号を選択

画面にはJISリストとして、先程入力した「JISX0121」という検索結果が表示されます。

この規格番号部分を選択します。

 

【5】規格の閲覧で「PDF」ファイルを選択

【5】規格の閲覧で「PDF」ファイルを選択

【5】規格の閲覧で「PDF」ファイルを選択

少し分かりにくいのですが、画面の上部に「規格の閲覧」の表示に続いて、PDFファイルのアイコンが表示されます。

このアイコンまたは横の文字列を選択することができますので、選択するとファイルを開くことができます。

 

bn-業務の見える化セミナー

 

※記事の内容に誤りや状況変化等がございましたら、お手数ではございますがこちらのフォームまで訂正希望内容を添えてお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。速やかに記事の修正をさせて頂きます。

本記事の執筆者

業務可視化NOTE 運営事務局 編集担当

業務可視化NOTE 運営事務局 編集担当 市橋